がんの転移を引き起こすのは様々な理由があると言われている

新しい療法として注目

看護師

がんを根治させるために今まで外科手術や放射線治療といった治療法が生み出されてきました。この技術のおかげでがんは以前に比べて不治の病というわけではなくなったのです。がんになったとしても完治し、普通の生活を送っている人はたくさんいます。しかし、外科手術には体力が必要です。身体にメスを入れることになるのでそれに対する抵抗力がないとできない治療法なのです。体力があってもメスを入れてしまうと負担になってしまうので、新しい治療法が模索されてきました。NK療法はそんな中で生み出された治療方法です。NK療法はナチュラルキラー細胞を活用した治療方法で、今では薬物療法に次ぐ療法として注目されています。これを利用すれば治療法の幅が広がり、完治できる患者も増加するといえます。

ナチュラルキラー細胞が発見されたのは1970年代のことで、今では科学的理論も確立しています。NK療法はナチュラルキラー細胞を誘導することから始まります。人間の身体というものは異物を攻撃するようにできています。白血球がそういった攻撃する細胞の一つで、風邪が自然に治癒するのも白血球が細菌を攻撃し、沈静化させるためです。ナチュラルキラー細胞ががん細胞を攻撃するようにするにはまず患者から採血を行なわなければなりません。リンパ球を分離させ、それをナチュラルキラー細胞とともに増殖させ、ナチュラルキラー細胞が特定のがん細胞を選択するように誘導するのです。NK療法はこの誘導された細胞を使うため、身体に負担が少ない治療ができるといわれています。